ゴールデン・カムイ

「ゴールデン・カムイ」は日露戦争後の北海道・樺太を舞台にして繰り広げられるアドベンチャー物の作品です。主人公は日露戦争の英雄でもあり、その丈夫さ・生命力の強さから「不死身の杉元」と呼ばれる杉元佐一と、アイヌと白人とのハーフにして天真爛漫な少女アシリパの不思議なコンビです。とにかく登場人物が多く、腸が飛び出すような残酷な描写があるかと思えば、北海道の厳しい詩人の中に生きるアイヌの生活の知恵や、野趣に溢れる大自然でのグルメなどヴァラエティに富んだストーリーが魅力となっています。

当初、アイヌの埋蔵金を巡って3つ巴の争いかと思われた杉元・アシリパ組と、陸軍第七師団の鶴見中尉一派、この物語では生きている土方歳三一派が、時と場合によって手を組む目が離せない展開となっています。網走刑務所を目指したことろでは杉本・アシリパ組と土方一派が協力しましたが、今の樺太では鶴見中尉と組むなど入り組んだ協力関係も見どころとなっています。PRサイト:孕み神と憑かれた姪/ヨールキパールキのエロ漫画

SNSでもご購読できます。