終わりのセラフ

終わりのセラフは現在ジャンプスクエアで連載されている少年漫画です。謎のウイルスによって13歳以上の大人が死亡した世界で、吸血鬼に家族のようだった孤児院の仲間たちを殺された主人公の百夜優一郎が立ち向かっていくダークファンタジーです。小説では本編でも登場する一瀬グレンを主役として本編の過去が描かれていて、内容も繋がっているので合わせて読むと理解が進んで世界観を楽しむことができます。単行本が18巻まで出ていますが、まだまだ世界の謎が明らかにされていません。本当の敵が誰なのか、人間が武器として使う鬼とは何なのか、終わりのセラフとは何なのか、百夜優一郎とは何者なのか。わくわくする謎がたくさん隠されています。敵のはずだった吸血鬼が一部味方となったり、味方のはずだった人間から主人公たちが敵対することになったり、混沌とした世界で信用できる僅かな仲間、主人公にとっては「家族」と共にある目的のために必死に頑張る姿を応援したくなる漫画です。>>>>>みすずの部屋 べんぞう

SNSでもご購読できます。